Pocket

注文住宅成功のもう一つのポイントは、家づくりの構想をかなえるために、誰に家づくりを依頼するかです。構想がちゃんとしていても、誰が建築するのかによって、全く仕上がりが違う家になってしまう事だってあり得ます。そのため、家づくりの構想にあった依頼先を選ぶことが大事なのです。そしてその依頼先の特徴をしっかり理解していないと、全く違う方向に計画が進んでしまうことにもなりかねません。依頼先つまり専門家と依頼主との意思疎通、そして家づくりに携わる専門家同士の意思疎通がうまくいかないと、費用が余計にかかったり、おかしな内容になってしまいます

ここでいう依頼先とは、ハウスメーカー、工務店、設計事務所など様々な種類があります。それぞれの会社の特徴、担当者の人柄、最近の経営状況、事務所の様子などを観察して、これから仕事をお願いして大丈夫な相手か、信頼できる相手かどうかを理解することが必要です。信頼関係がなければ、ちょっとしたすれ違いでも、お互いに疑心暗鬼になって、計画が破たんすることだってあり得るのです。専門家と良好な信頼関係さえあれば、多少のトラブルは乗り越えられます。これがより満足のいく家づくりを進める唯一の道なのです。