Pocket

注文住宅はただ家を建てるだけではないのです。建売と注文住宅では大きな違いがあります。注文住宅を建てるというのは人生の一大プロジェクトです。どんなプロジェクトに共通していえることなのですが、最初の構想をしっかり練ることが成功のカギです。そしてそれを誰に頼んで実現するか?この二つでほとんど勝負が決まってしまいます。

まずは注文住宅の構想を考えましょう。どんな家にしたいのか、家には何が必要なのか、どんな生活をしたいのか、つまりライフスタイルをどのように考えるかが大切です。ほとんどの方は、そんなに奇抜なデザインでなく、一般的な普通の家でいいと思うものです。しかし何が一般的なのか、施工する家の家族やライフスタイルによって違いが大きいものです。同じ家に住んでいても考え方はそれぞれバラバラだったりするものです。主人の想いをよそに、全く別のことを考えているかも知れません。だからまず構想を考えるときに、新居に対する夢や要望をきちんと話し合って、何を取り入れるか、何をあきらめるか、優先順位をちゃんと整理しておくことが大事です。

家を建てる前の構想がしっかりしていれば、その後の計画は円滑に進むものです。つぎはぎになったり、手戻りがあったり、無駄が出たりといったことを防ぐことができます。家族から要望がたくさん出て、予算オーバーになりそうになっても、優先順位が明確なら、最終的にはみんな納得してよい形でまとめられます。